読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちまちま日記

都合のいいATM

事件はいつも現場で起こっている。

ジャニーズWEST 語りたがる

はい!前回の記事、わたしがジャニヲタ(KAT-TUNファン)になった経緯について書いたのですが、見たことのない閲覧数にびびってます。通知来てびびりました。てか、はてなブログから通知が来ること自体知らなかった。本当にありがとうございます…!感謝感謝です。

 
さて、味を占めたまあ。今回はジャニーズWEST(関西ジャニーズJr.)について書きます。
まず初めにこんなくそDDが言うことではありませんが、ジャニーズWESTの中では重岡くんを、KAT-TUNでは亀梨くんを応援してます。どちらもグループの0番。わかりやすい。
そんなことはさて置き、前回同様好き勝手に書いてます。(←ここ重要です笑)それでは。
 
 
今回はジャニーズWESTに落ちた経緯について。ジャニーズWESTといっても、Jr.の頃から応援していたので実際は関西Jr.、7WESTのファンになった瞬間についてだ。関西ジャニーズJr.といえばKAT-TUNの大阪でのLIVEや舞台に出ていて、何度か見たことがあった。その時の印象は、
・The関西
・関西弁を話しているので少しばかり親近感
・MCがとても面白い
という印象だった。
わたしは初めてin大阪の番協に参加した。その当時の司会は、NEWSの小山くんとKAT-TUNの中丸くん。もちろんわたしは中丸くんが出演しているからという理由で応募。KAT-TUNにしか目がなかったわたしでも、B.A.D.やBOYS、そしてVeteranの関西を前線で引っ張る兄組の名前は言えた。やはり兄組の存在感はすごいと改めて思った。しかし名前を知っているだけできちんと誰がどの立ち位置にいるか、彼らがファンから呼ばれているあだ名、関西Jr.のオリジナル曲、C&R等は全く知らなかった。そんな状態で番協に行っていたのだ。今思えば、年に1度しかない貴重な収録にこんなやつが入っていて申し訳なくなる。
収録が始まると、わたしは何故か名前を知っている兄組より元担の彼ばかりを見ていた。
「Ho!サマー歌ってるあの子かわいい!可愛すぎる!!放送日楽しみ!」
と興奮を抑えきれなかった。前でマイクを持ち、踊っている彼をずっと目で追っていた。帰ってから、今まで購入していた雑誌引っ張り出し、関西Jr.のページを読んだ。このまま順調に関西Jr.にのめり込んで行くのかと思われたが、熱は一旦そこで冷めてしまった。
そして続けて翌年in大阪の番協に当選した。なんて運がいいんだ自分。昨年と違って少し予習をして番協に臨んだ。中丸くんが司会をしているというのに、またまたわたしはWESTばかり見ていた。夢メドレーで重岡くんと元担の彼が肩を組んでいる姿に「2人とも可愛い!」と心揺らぎ、Dreams come trueで完璧に落ちた。パワー全開の彼らのパフォーマンスに魅了されてしまった。そこで完全に関西Jr.という底なし沼にハマってしまったのだ。自担グループを見に行ったのに、まさかの他グループの2人、重岡くんと彼に落ちるとは思わなかった。悪魔な恋ではもう彼らに釘付けだった。そしてコロシアムでの「チョキチョキ好き」でとどめを刺された。なんて可愛いんだ…!なぜ今まで好きと認めなかったのか?!
よく考えると、心のどこかで自分はKAT-TUNを応援しているのだから、関西Jr.にハマってしまうと…。と勝手に思っていた。
しかし、何人好きになろうが、他のグループを好きになろうが、アイドルである彼らには関係のないことなのだ。言い方は悪くなるが、お金さえ払えば幸せを与えてくれる。楽しい時間を共有できるのだ。認めてしまえば気は楽だ。両方好きなのだから仕方がない。両方同じくらい応援したいのだ、そう開き直ればいい。わたしは関西Jr.もKAT-TUNも大好きだ、と。
翌日には、Jr.情報局入会のためにハガキを出していた。ジャニヲタの行動の速さには毎度のことながら驚かされる。
そして夏の舞台やクリスマス、年始のあけおめに春のコンサート、全て入れるだけ入った。
また次のin大阪では、大好きな2人がお互いに手紙を読むというコーナーに大喜びした。また、彼らのラジオを聴き、出演したテレビドラマのDVDを購入し、彼らにどっぷりハマった。友情部なんて何回見たことか。重岡くんも元担の彼も、もちろん7WEST全員可愛い!大好き!という気持ちが溢れた。なんて楽しいんだ!!
…しかし、Jr.担の宿命が突如わたしにも降りかかった。幕が開くと大好きな彼がいない。彼がデビューしてスポットライトを浴びてキラキラ輝いている姿を見たかった。本当にショックだった。一時期だけ関西Jr.のコンサートに行かず、茶の間と化していた。
そして、関西Jr.を生で見ない時期が続いた長いようで短かった数ヶ月後、夏の舞台ANOTHERと、母が申し込んでくれたin大阪2013の番協が見事当選した。in大阪で久しぶりに関西Jr.を生で見た。単純にかっこよかった。7WESTやっぱり最高だ。関西Jr.最高だ。番協に行き、また関西Jr.の現場へ行きたい、彼らを見たいと思った。
そしてその数日後に夏の舞台「ANOTHER」を観劇した。そこには、関西Jr.のホーム松竹座の舞台でキラキラと輝く彼らがいた。ただガムシャラにデビューという夢に向かって全力を注いでいた。涙が出そうになった。ああ、やっぱり関西Jr.っていいな、と思わせてくれた。センターの重岡くんかっこよかった…!それからはというものの、また関西Jr.のコンサートを見に行くようになった。
彼らを応援するきっかけを何度も作ってくれた少年倶楽部。やはり最高だ。ありがとう少年倶楽部。もちろん、少年倶楽部プレミアムも本当に最高の番組だ。
 
彼らを応援するのは楽しい。Jr.時代にしか見る事のできない儚さや、ガムシャラにパフォーマンスする姿は、キラキラ輝く青春そのものだったとわたしは思う。
幾多の困難を乗り越え無事デビューを果たし、冠番組を持つまでになったジャニーズWEST。7月11日にスタートする、「ドヨルの妄想族」楽しみでしかない。